頭痛について

・頭痛が起こる原因は?
頭痛には種類があり、偏頭痛や緊張型偏頭痛があります。
偏頭痛は頭の右側か左側かのどちらかが痛み、もう片方に痛みはないというものです。
これが引き起こされるのにはストレスが関係しており忙しい週末の疲れが出たときなど、寝すぎたり寝られていなかったり女性の場合はホルモンの影響も関係しています。

緊張型偏頭痛は会社の面接など、緊迫とした空気を長時間体感しているとその空気から開放された瞬間頭が全体的にズキズキと痛みます。
パソコン作業をする人に多く見られるのが「眼精疲労からくる頭痛」です。
パソコンの画面を見つめっぱなしで何時間も作業していると目の瞬きの数が減ってしまうので目が休息を得ずにずっと働いている状態になり、疲れから目の痛みと頭痛が引き起こされます。

・頭痛を予防するには
緊張する場所や人がたくさんいてうるさい場所を避ける、ストレスが溜まっている場合はストレスを発散する、眠れていないのを自覚している場合は早めに寝てリフレッシュする、パソコン作業をする人はあらかじめ目薬をうつか定期的に視線をそらして目を瞬きさせる などの方法があります。
パソコン作業を長時間する人は画面のコントラストを調整して少し暗めの状態で作業すると目が疲れにくくなります。

緊張型偏頭痛であれば長時間同じ姿勢をしないようにしましょう。
こまめに背筋を伸ばして腕を伸ばしてストレッチを行うことをおすすめします。
さらに首や肩の血行アップをするのも効果的で、両肩を上に上げて落としたり、首を左右に倒す動きは血行の流れがよくなります。

・頭痛の治療法
偏頭痛が起きてしまった場合は静かな暗い部屋で休むようにしましょう。
光や音で痛みが助長されるので、寝室などで静かに休みましょう。

冷たいタオルなどを痛む部位に当てると血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。
一方、入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増します。

また、コーヒーや紅茶、日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり痛みの早期に飲むと痛みが軽減します。
ですが連日過剰摂取すると反対に頭痛を誘発するのでカフェインの摂取はほどほどに控えておきましょう。
同じようにナツシロギク(別名:フィーバーフュー)と呼ばれるハーブの一種も偏頭痛の予防に効果があると言われているのですが、摂りすぎはかえって悪影響になることもあるので注意が必要です。(片頭痛に効くサプリメントで副作用なく予防をする方法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です